ブログ タイトル 背景画像

データ解析

ブログ 画像

データGTMを学ぼう2021.04.27

【実践編】
GTMのイベントトラッキング設定

こんにちは!データ解析チームの豊嶋です。

前回は「GTMを学ぼう」の実践編として、GTMにおける電話タップ計測の設定について解説しました。
しかし、電話タップ以外にも外部リンクのクリック数(外部サイトに遷移するボタンやバナーなどのクリック数)やPDFのダウンロード数など、サイト内のユーザー行動を計測したいケースは多々あると思います。

その際に必要となってくる機能が、イベントトラッキングという機能です。
通常のアナリティクスではサイト内のユーザー行動を把握する事はできませんが、イベントトラッキング機能を用いることで、それらの値も計測することが可能になります。

そこで「GTMを学ぼう」の実践編第五回目は、外部リンクのクリック数計測を参考に、GTMにおけるイベントトラッキング設定について解説していきたいと思います。

イベントトラッキングとは

イベントトラッキングとは、外部リンクのクリック数やPDFのダウンロード数など、通常のアナリティクスの設定では計測出来ないユーザー行動を取得するための機能です。

実は、アナリティクスのデフォルトの設定では、ページ遷移を伴わないページ内でのユーザー行動を計測することは出来ません。 しかし、イベントトラッキング設定を行うことで、ボタンクリックやPDFダウンロード数など、ページ内でのユーザー行動も計測することが可能になるのです。 それにより取得できる情報量が増え、より詳細なサイト解析を行うことができます。

今回はGTMを用いてイベントトラッキング設定を行っていきます。

GTMを用いたイベントトラッキングの設定方法

それでは実際にイベントトラッキング設定を行っていきます。
今回は前提条件として、外部リンクのクリック数計測を例にして設定をしていきます。

1.変数の設定

まず初めに変数の設定をしていきます。

①GTMの管理画面にログインし、「変数」から「設定」をクリックします。

②「Click URL」にチェックを入れて変数の設定は完了です。

2.トリガーの設定

①次に「トリガー」から「新規」をクリックします。

②その後自分で分かりやすいようにトリガーの名前を入力し、「トリガーのタイプを選択」から「リンクのみ」を選択します。

③「タグの配信を待つ」にチェックを入れます。
デフォルトで2,000ミリ秒と記載されますが、そのままで大丈夫です。

④次にトリガーの発生条件と配信するタイミングを下記の画像の通りに指定していきます。

1.「Page URL」「正規表現に一致」 「.*」 を入力します。
「.*」は正規表現でよく使う記号であり、任意の値を指定したい場合に使用します。
これにより、自社サイト内のどのページにおいてもトリガーを発生するように設定しています。

2.トリガーの発生場所を「一部のリンククリック」に設定します。
「一部のリンククリック」を選択することで、次の3の設定にあるように、トリガーの発生場所の条件を設定することができます。
「すべてのリンククリック」を選択してしまうと、このような詳細な設定が出来なくなってしまうため、注意しましょう。

3.「Click URL」「含まない」「自社サイトのドメイン(今回は弊社ドメインme-pro.co.jp)」を入力します。 今回は弊社ドメインme-pro.co.jp内を遷移するクリックは含まないと設定したことにより、外部サイトに遷移するクリックのみ計測することができるようになっています。

3.タグの設定

トリガーの設定が完了しましたら、次にタグの設定に移っていきます。

①まず、GTMの管理画面の「タグ」から「新規」をクリックします。

②その後自分で分かりやすいようにタグの名前を入力し、「タグタイプを選択」から「Googleアナリティクス:ユニバーサルアナリティクス」を選択します。

③次に「トラッキングタイプ」で「イベント」を選択し、画像内の赤枠で囲んである箇所に下記の表通りに入力していきます。

設定項目 入力内容
カテゴリ 外部リンク
アクション クリック
ラベル {{ClickURL}}
非インタラクションヒット
Googleアナリティクス設定 トラッキングIDもしくは
設定済みのアナリティクス変数

4.アナリティクス上での数値確認

設定した外部リンクのクリック数は、アナリティクスの「行動」→「イベント」→「概要」から確認する事が可能です。

更に合計の外部リンクのクリック数だけでなく、ページ単位でのリンククリック数やリンククリックに至るまでのユーザー行動も把握出来るようになります。

その他にも「イベント」レポートで、様々な側面からリンククリック数を分析出来ますので、是非アナリティクスでご確認頂ければ幸いです。

まとめ

いかがでしたでしょうか。 前回設定した電話タップ計測と似た設定もいくつかあり、作業を進めやすかったのではないでしょうか。

このイベントトラッキング設定を覚えることで、外部リンクのクリック数以外にも、ページのスクロール数やPDFのダウンロード数、動画再生数の計測など様々なことに応用する事ができます。
普段は触れないような項目もあり、慣れるまでにはやや時間がかかるかもしれませんが、今回の記事が少しでも設定の参考になれば幸いです。

それでは本日はこの辺りで。最後までお読みいただきありがとうございます。
また次回もよろしくお願いいたします。