ブログ タイトル 背景画像

日常

ブログ 画像

日常2020.03.10

はじめての有給

こんにちは、
クリエイティブ制作部の吉野です。

日に日に暖かくなってきて春を感じる反面、
毎年のことですが絶賛花粉症です。

そんなこんなで今回のブログは、完全に私的内容です。

はじめての有給で島に行く

上に書いた通り、先日初の有給をいただき沖縄県宮古島に行ってきました。
関東の寒さから解放された一時の喜びとともに、この機会に弊社のお休み事情について少し書いていこうと思います。

MEプロモーションのお休み事情

まず、弊社は毎週土日がお休みの完全週休2日制になっています。
また、夏季・冬季休暇も合わせて15日くらいあります。(土日を含む)
そして、勤務期間が半年になると、年間10日間の有給休暇が支給されるようになっています。私は去年に新卒として入社したので、去年の10月に有給休暇をいただきました。

幸い健康体なこともあり病気をして休むこともなかったので、
初の自主的なお休みを取得したのですが、かなりあっさりとお休みをいただきました。

私はクリエイティブ制作部に所属しているため、
まず同じ部署の先輩方に申請の話をしました。
その際、「とうとう吉野が有給を!」と謎に喜んでいただき、
秒で申請書に判子を押してくださりました。なんとも早かったです。
最後に社長にも判子を押していただくのですが、
ここでも申請が通るのは早かったです。
申請書を提出して1時間後には判子の押された申請書が返ってきました。

「有給をとるのは気後れする・とりにくい」という世間の声を
いろいろなサイトで見たことがありますが、
弊社ではそんなことはなく、新卒1年目の私でも気負うことなく
お休みをいただくことができました。
※日本の休暇事情について以前ブログでも書かれているので、もしよろしければそちらも読んでみてください

そのため、今回の旅行は平日に1日お休みをいただき、
土日を含めて3日間行ってきました。

ちなみに就業時間は9:00~18:00で、普段からなるべく早く帰るように言っていただけて、ありがたい環境だなとしみじみしています。そういうこともあり、有給の前日も18:00ぴったりに退社させていただき、無事予定していた通りの空港行きバスに乗ることができました。

では、とうとう宮古島の話になります!

宮古島に行ってきました

私は今まで2回沖縄県に行ったことがあります。
1回目の高校の修学旅行では沖縄本島に行き、台風直撃でした。合羽が脱げそうになりながらマングローブを歩きました。2回目の大学卒業旅行では石垣島に行き、定期的なスコールに襲われました。車のフロントガラスでワイパーがせわしなく動いていたのがなんとも思い出深いです。

そんな天候に恵まれない私が懲りもせず、沖縄県宮古島に行ってきました。

余談なのですが、私は全くアクティブな人間ではないので、
今回の旅行の日程にマリンスポーツなど自然に戯れる系のアクティビティは一切入れていません。ただひたすらにぼーっとすることを目的にしたため、行く場所やスケジュールなど何も決めずに飛行機へ。
フリースタイルで3日間を過ごしました。

いざ、上陸。

砂山ビーチ

まさかの晴れ。

写真の場所は砂山ビーチというところで、宮古島の北西部あたりにあるビーチです。

2回沖縄に行ってますが、
こんなに透き通った海は見れていなかったのでとても感動しました。
比較的浅いところは水色で、深くなると青色が濃くなって、綺麗なグラデーション。
比べてはいけないと分かっているものの、東京湾を見慣れている私にとって、
東シナ海の透明感は大きなインパクトを与えてくれました。

波が結構あり、うかつに入るのは危ないと思ったので、
ぼーっと眺めて過ごしました。綺麗な海と波音に癒されます。
2月は閑散期ということもあり、人もそこまで多くなかったのかなという印象です。

ただ2月とはいえ、昼間は夏日手前くらいの気温でかなり暑かったです。
明らかに地元の人だろうという感じのお爺ちゃんはタンクトップ着て
何食わぬ顔で歩いていたので、これが普通なんだなと少し驚きました。
案の定長袖のTシャツを着ていた私は汗だくで過ごしました。
お天気次第ですが、晴れることも想定して2月の沖縄県に行く際は、
一応半袖の服を持っていかれることを強くお勧めします。

夕日

ちなみに同じ浜辺で夕日も見ることができました。すてき。

そして私が一番テンションが上がったのが夜の空です。

星空

星が見れたのです!都内では絶対に見ることができないくらいの星です。

カメラは素人なので、あれこれ調べながら設定をしてようやく撮れました。
写真にも写っていますが肉眼でも星雲がうっすら見えるくらい、満天の星空でした。

ただ完全に私のミスで三脚を忘れ、真上しか撮ることができませんでした…
地面にカメラを上向きにおいてシャッターを押すと、
正直どこをどのように撮ったのか分からず、
シャッターが切れるまでどきどきしながら待ちました。
せっかくの液晶やファインダーを活かせていない感が凄まじかったです。
本当は南の島ならではの星を撮ることができたらよかったのですが、叶わず。
ぜひリベンジしたいです。

まとめ

書いていて、オチが見つからなくなったのでまとめます。

お休みをいただけるって素晴らしい…!
閑散期を狙って旅行に行けるということ、時間に余裕があること、
リフレッシュする時間を作れること。
会社の風土上、1年目でもお休みを取りやすい環境はとてもありがたいな、
と今回本当に思いました。
(若干弊社のPR感がでてしまった今回のブログですが、決して嘘ではないので…!)

そして上記にもありますが、星空の写真をぜひリベンジしたいので、
また近いうちに南の島に行こうと思います。

それでは、お休みをいただいた分、しっかり業務に励もうと思います。