ブログ タイトル 背景画像

日常

ブログ 画像

日常2020.04.21

観光スポットベスト3「埼玉編」

こんにちは、新入社員の板井です。

暖かくなってきましたね!自粛生活が続いていますが、この生活が終わった時にはぜひ観光に出かけたいですね!
その時のために埼玉県の観光スポットベスト3を考えました!
埼玉在住の私ですが、悲しいことに埼玉に住んでいるということから「ダサイタマ」と言われることも少なくありません。東京にも近くて住みやすい埼玉の魅力はまだまだたくさんあります。今回はそんな埼玉の魅力をお伝え出来たらなと思います。

BEST3 自然と触れたい方必見!!「長瀞渓谷」

「長瀞渓谷」は、埼玉県秩父郡長瀞町に位置する荒川上流部の渓谷で、自然豊かで歴史文化に溢れる観光地です。歴史文化財や温泉、特産物が楽しめるだけでなくキャンプやハイキング、川遊びなども楽しめます。

新鼻橋河原(新鼻橋下)

「新鼻橋河原」は長瀞の上流に位置します。「親鼻橋」は皆野町にかかる国道140号の橋です。秩父鉄道「SLパレオエクスプレス」のシャッターポイントとしても知られています。鉄道ファンでなくても、この眺めだけで十分楽しめるはずです!
また、「親鼻橋」下の河原は車で降りることができる上、水道やトイレが完備されておりバーベキューやキャンプ、水上アクティビティも可能です。
最寄り駅は上長瀞駅ですが、長瀞駅からも歩いていくことができます。

長瀞岩畳

「岩畳」は、秩父盆地の水を集めながら流れる荒川が、結晶片岩地帯を侵食することによって生じた、断層谷や岩石段丘のことを称します。「長瀞」の風光明媚な景観は、清流と秩父の豊かな緑とこの「岩畳」によって生まれています。実は特別天然記念物に指定されています!
「長瀞岩畳」へは、長瀞駅から歩いて約5分です。

アクセス

電車でのアクセスは、池袋から西武池袋線(特急)で西武秩父駅まで80分、秩父鉄道に乗り換えて20分、池袋から東武東上線で寄居駅まで80分、秩父鉄道に乗り換えて20分。上野から高崎線で熊谷駅まで80分、秩父鉄道に乗り換えて50分。
車でのアクセスは、関越自動車道で練馬ICから花園ICまで約50分、そこから国道140号で約30分で長瀞に着きます。また、都心から国道17号を経由し熊谷へ、熊谷から国道140号経由で約45分で長瀞に着くこともできます。

BEST2 癒されること間違いなし!「ムーミンバレーパーク」

2019年3月16日に「ムーミンバレーパーク」が埼玉県飯能市にオープンしました。
2019年はフィンランドと日本の友好100年という記念の年なんです。
ムーミンの物語を主題としたテーマパークで。ムーミン屋敷やムーミンの物語を追体験できるアトラクションなどでムーミンの世界を満喫できます。

Muumitalo(ムーミタロ)

パーク内で一番人気のMuumitalo(ムーミタロ)はムーミンバレーパークのシンボル、ムーミン屋敷です。
ムーミンパパが設計図を書いて建てた、地下室+三階建ての家なんです。1,000円(税込み)で約20分のガイドツアーに参加でき、スタッフが物語のシーンやエピソードなどを説明しながら屋敷内を案内してくれます。
ムーミン家族の部屋やキッチンダイニング、屋根裏部屋もあります。また、屋敷の外には洗濯物が干してありムーミンたちの暮らしが垣間見えてワクワクしちゃいます!

エンマの劇場

物語のエピソードの1つである、ムーミン谷が洪水に見舞われた時に流れてきた「エンマの劇場」では、ムーミンとその仲間たちによるライブエンターテイメントが繰り広げられます。
ムーミンが観客席にも来てくれるパフォーマンス!
ムーミンとその仲間たちがすごくかわいくて癒されちゃいます!

アクセス

電車でのアクセスは、池袋から西武池袋線で飯能駅まで約50分。八王子駅からはJR八高線で東飯能駅まで約35分。
西武池袋線「飯能駅」北口、JR八高線「東飯能駅」東口からバスで12分ほど(「東飯能駅」からのバスは土日のみ運行)。
車でのアクセスも、圏央道・狭山日高ICから約12分となっています。

BEST1 昔の世界にタイムスリップしたいなら「小江戸・川越」

情緒あふれる街並みが大人気の埼玉県川越市にある「小江戸・川越」。
江戸時代に城下町として栄えた川越は「小江戸」と呼ばれる人気の観光地。
食べ歩きしながら昔の街並みを感じることができ、カップルや友達、家族共に楽しむことができる観光スポットです。

時の鐘

「小江戸・川越」のシンボルともいえる存在の時計台。寛永(1624~44年)、川越城主酒井忠勝が城下に建てたのが最初で、時間を知る手段のなかった当時に、庶民たちに時を告げる方法として大いに親しまれる存在でした。
現在の鐘楼は明治27年に再建された4代目ですが、構造自体は江戸時代の姿そのままです。6時・12時・15時・18時の1日4回、鐘の音が小江戸の町に響き渡っています。

菓子屋横丁

石畳みの道に飴や駄菓子、漬物店など22軒が連なる横丁。その始まりは明治時代にも遡り、今も人情味のある風情が残っています。
焼きたての煎餅を販売するお店や手作業で飴を作る工房、子供の頃に食べた懐かしい駄菓子を扱うお店が並んでいます。童心に戻ってウキウキしちゃいますね。
川越名産のサツマイモのスイーツもたくさんあるので街を散策しながら食べ歩きするのもおすすめです!

アクセス

電車でのアクセスは、池袋駅から東武東上線(急行)で川越駅まで約30分。新宿駅から埼京線で川越駅まで約55分。西武新宿駅から西武新宿線(特急レッドアロー小江戸号)で本川越駅まで約45分。新木場駅から東京メトロ有楽町線で池袋まで約35分、池袋で乗り換えて川越駅まで約35分。
車でのアクセスは、関越自動車道で練馬ICから川越ICまで約14分。また、池袋方面から国道254号を経由して川越市街まで来ることもできます。

最後に

いかがだったでしょうか。意外と埼玉県にも楽しめる場所がたくさんあるんです。
あくまでこちらのベスト3は私が付けたものなので、よければお出掛けする際の参考にでもしてください。今回挙げた観光スポット以外にも埼玉県には素敵な場所がたくさんあるので、自粛期間が終わったらぜひ訪れてみてください。
私もこのブログを書きながら、どこに行こうかなあと胸を弾ませていました。
拙い文章にもかかわらず最後まで読んでいただきありがとうございました。

【参照】"埼玉の観光地23選!もうダサイタマとは言わせない!".TABI CHANNEL.
https://tabichannel.com/article/105/saitama