ブログ タイトル 背景画像

日常

ブログ 画像

日常2020.07.14

ひとり暮らしを始める方へ

こんにちは、新入社員の板井姫乃です。
先日地元(青森県)の後輩から「ひとり暮らしをするのですが、部屋を探す際の注意点とかありますか。」と聞かれ上京当時のことを思い出しました。
私は上京してきて約2年経つのですが、当時何も知らなかった私が感じたことはお部屋探しが意外と大変なのだということでした。 女性ならなおさら注意点があったので勉強にもなりました!
何も知らないでひとり暮らしを始めるとかなり苦労すると感じたので、今回はそんなひとり暮らしを始める方向けに、物件を探す上での注意点を今回はお話していきたいと思います。

注意点①【2階以上のお部屋にする】

まず一階虫が出てくる割合がかなり高いです。(新築物件を除く)
防犯面においても、やはり二階以上が望ましいですね。
女性に関しては、どの階に住んでいたとしても下着はお部屋の中に干した方が良いと思います。またよく言われるのが、男性用のパンツを外に干すことによって男性も一緒に住んでいると思わせる効果があると聞きますよね。効果があるのかはわかりませんが、やってみるのもいいと思います(笑)

注意点②【駅から近いか】

歩くのが大好きな方や自転車通いが苦ではない方でしたら、そこまでこだわる部分ではないのかもしれません。
しかし、急いでいる時や雨の日のことを考えるとやはり駅から近い方が便利だと思います。
私の家は最寄り駅まで徒歩約15分くらいです。少し遠い気もしますが、歩くのは好きなので良い運動になってます。
私目安になってしまいますが、15分くらいまでは徒歩圏内だと思ってます!

注意点③【都市ガスの賃貸物件か】

プロパンガスは一般的に高めなので、都市ガスを使用している物件を選んだ方が良いと思います。
例え料理をしていなくても、シャワーやお風呂を沸かすときにガスを使います。
どのくらいガス代が違うかと言いますと、一か月約2,800円、一年だと約33,000円も違うそうなんです!かなり大きな違いだと思います。

参考サイト:「都市ガスとプロパンガスの違いを知る‐地域別の料金比較‐」https://enepi.jp/articles/206

注意点④【エアコンは付いているか】

これは本当に大事だと思います。
よくあるのが2部屋あるうちの1部屋しかついてないタイプです。エアコンが無いと東京の夏は乗り越えられないといっても過言ではありません。自分で買うと5万円~10万円もかかります。引っ越しでもお金かかるのにさらに出費が増えるとなると痛いですよね。
私の部屋も先例の2部屋あるうち1部屋しかついてないタイプで夏は苦労しています…。

注意点⑤【飲食店のテナントが入ってないか】

これは1階に飲食店があり2階以上が住居になっている場合です。
1階に飲食店やコンビニが入っている物件だと上層階にも虫が出やすくなります。
飲食店のテナントが入っていても5階以上に住めば大丈夫でしょう!

まとめ

他にも注意点はたくさんあるとは思いますが、私的に重要度が高い注意点をお話させていただきました。住むなら帰りたくなるようなお家に住みたいですよね。私は今のお部屋が気に入っているのでお家で過ごす時間も大好きです!
何も知らないでお部屋を探すよりは、少しでも知っておくと私みたいに大変な思いをしなくて済むと思いますので、お部屋探しをする際に参考にしていただければ幸いです。
最後までお読みいただきありがとうございました。