ブログ タイトル 背景画像

日常

ブログ 画像

日常2020.11.12

ひとり暮らしのメリットとデメリット

こんにちは、クリエイティブ制作部の板井です。
最近の幸せは、朝起きて「今日も寒いなあ」と思いながら、温かいみそ汁を飲むことです。
寒いときに温かいものを食べると幸せな気持ちになりますね。不思議なことに、みそ汁って毎日食べても飽きないんです。と、今回の内容に全く関係のないことをお話してしまいました...失礼しました。

私はひとり暮らしをしているのですが、よく周りから「ひとり暮らしって大変だね」や「自由で羨ましい!」と言われます。確かに大変な時もありますが、良い面も多いです。
そこでぶっちゃけひとり暮らしってどうなの!?というアバウトな疑問にメリットとデメリットに分けてお話していこうと思います。

個人的な感想になっていますので、さらっと読んでいただければ幸いです。

すべて書きだしてしまうと量が多くなってしまうので、各3つくらいに絞っていきます。

メリット

何よりも自由!!

ひとり暮らしのメリットはこれが一番です!
私の場合、兄弟が多くて友達を家に連れてくると邪魔される可能性があったので、家に呼ぶことができませんでした。ですが、ひとり暮らしだと誰にも邪魔されず友達を家に呼ぶことができます。また、実家だと家族と夕食の時間を合わせたり、親に帰宅時間を聞かれたり、「早く寝なさい!」と怒られたり...今では思い出すだけで懐かしい感情になりますが、そんな経験があったかと思います。
その点ひとり暮らしは、誰にも干渉されず好きなことを好きな分だけやってもよし、友達を家に呼ぶのもよし、寝る時間が遅くてもよし、嫌いな食べ物は食べなくてもよし、と自由度は上がります。

料理がうまくなる(こともある)

鍋つかみを燃やしアパートの火災報知機を鳴らした経験がある私も、ひとり暮らしを始めて料理ができるようになりました。
ひとり暮らしを始めた当初は、コンビニで食べたかったものを買い漁っていましたが、
月日が経つにつれて愛情のこもった温かいご飯を食べたくなるようになりました。それからはなるべく自炊するようにしています。
コンビニ弁当やお惣菜も美味しいのですが、なぜか自分が作ったものの方が美味しく感じるのはなぜなんでしょうか。(嫌いな食べ物をいれていないからです)

弊社がテレワークを導入していることもあり食事はほぼ自炊なのですが、とてもめんどくさいです。そして、やはり食べたくなるのは母の味。

お金の管理ができるようになる

ひとり暮らしをすると、家賃や光熱費、食費などが発生します。
限られたお金の中で1か月に必要な出費をやりくりする必要がありますので、
実家にいた時にはなかった金銭感覚が身につくようになります。

実家にいた時によく「電気つけっぱなし!」と注意されていた理由が、ひとり暮らしを始めてから理解できるようになりました。
また友達の家に遊びに行くときも電気のつけっぱなしや、蛇口の閉め忘れなど意識するようになりました。

私のひそかな楽しみは毎月の家計簿をつけることだったり...。
お金の流れを把握するのが楽しいなあと感じます。

デメリット

家事に時間と手間がかかる

当たり前ですが、料理、食器の洗い物、洗濯、掃除など身の回りのものは自分でやらなくてはいけません。特に洗濯は天候に左右されるので、タイミングを損なうと「着るものがない...」という状況に陥ることになります。そうならないためにも、天候をきちんと確認しておくとよいでしょう。私はそのおかげで天候を確認する癖がつきました。

ひとり分の家事でもめんどくさいなあと感じますが、親はその何倍もの家事をこなしていると考えると感心します。
ひとり暮らしを始めてから1番強く感じるのは親のありがたみですね。

掃除が大変

掃除機をかけて、トイレ掃除してお風呂掃除して、、、だけではないんです。
キッチンのコンロや排水溝、洗面台、テレビ台の上など目が届きにくい場所もこまめに掃除しないとすぐカビやほこりが溜まってしまいます。意外と掃除する箇所が多くて大変です...。
後に苦労しないためにも、気づいたらすぐ掃除して綺麗なお家を保ちましょう!

個人的に最強掃除アイテムは、激落ちくんです。
激落ちくんはほとんどのカビや汚れを簡単に落としてくれます。そのため私の家には激落ちくんがたくさんいます。激落ちくんがいなくなることを考えると...それはもう...考えたくもありません。それくらい掃除するには欠かせない必須アイテムです。

風邪や病気になったときつらい

実家にいた頃は親に病院へ連れて行ってもらったり、看病してもらってました。ですがひとり暮らしだと病院へ行くのも、ご飯を用意するにも病気など関係なしに自分でしなければなりません。病院へ行くときなんかはもうふらふら状態...。
この時ばかりは誰かに看病してもらいたいものです。

小学生の頃は、学校に行きたくない&風邪ひいている時は親が優しかったので、風邪をひこうとわざと雨に濡れたり体冷やしたりとしていたものです。 今では逆に風邪をひかないように気を付けています!

つまりは”健康が一番”ということですね!

最後に

申し訳ないことに私の過去を振り返るブログみたいになってしまいました...。
ひとり暮らしをされているほとんどの方は、私と同じようなメリットとデメリットを感じていることが多いと思います。
「実家暮らし」と「ひとり暮らし」どっちがよいの?と聞かれれば、私は「ひとり暮らし!」と即答します!
もちろんどちらもメリットもデメリットがありますが、生活力が身につく点と親へのありがたみを実感できる点を考慮すると、ひとり暮らしをしてよかったなと思います。

ひとり暮らしでなくとも友達とルームシェアなども楽しそうだなあと思います。
ということで、「ひとり暮らしのメリットとデメリット」でした。

最後までお読みいただきありがとうございます。
また次回もよろしくお願いいたします。