背景画像
BLOG

ブログについて

キーワード調査ツールのご紹介

2024.06.13

マーケティング

サムネ画像

こんにちは、マーケティング部の桁山です。
今回は、記事作成を行う前に必要な工程である、キーワード調査の際に使用できるツールをご紹介します。最後までお付き合いいただけますと幸いです。

キーワード調査について

まず、キーワード調査とは、Web業界における市場調査のひとつです。キーワードの市場調査を通して、SEO対策やコンテンツマーケティングなどの戦略を立てるために行います。
ユーザーが物事を検索する際は、「目的」や「知りたいこと」があります。キーワード調査を行うときには、検索ボリュームがどれくらいか、競合性はどうか、検索ワードに関連のあるキーワードはどんなものがあるかなどを調査します。
キーワードボリュームと競合性の数値に関して、詳細は以下の表をご覧ください。

画像1

キーワード調査ツールについて

キーワード調査ツールとは、どのキーワードを狙うべきかを選定するためのツールです。狙いたいキーワードに対する検索ボリュームや競合度などの情報が分かるので、それをもとに最適なキーワードを選定することができます。

キーワード選定ツールを使用するメリットは以下の通りです。

・効率的にキーワードの選定ができる
キーワード選定ツールを使うことで、自分では思いつかなかった関連キーワード候補を確認することができます。従って、SEO対策の基本であるキーワード選定が容易になります。また、関連キーワードと併せて検索ボリュームや競合度のデータも一元的に管理できる点も便利です。
・コンテンツの方向性が明確になる
キーワード選定ツールでは、検索ボリュームや競合度、関連キーワードや検索結果ページなどの情報が確認できます。そのため、ユーザーの検索意図を把握しやすくなり、コンテンツの質を高めることができます。

キーワード調査ツールのご紹介

■Googleキーワードプランナー

画像2

まず、1つ目に紹介するのはGoogle公式のキーワードツールであるGoogleキーワードプランナーです。
Googleキーワードプランナーは、アカウント登録をすることで、キーワードの検索ボリュームを無料で調べることができます。Googleの検索統計を利用して、検索ボリュームのほか、競合性の分析や関連キーワードなどの確認が可能です。

■共起語検索

画像3

共起語とは、特定の物事を説明する際に使われやすい言葉や単語を指します。
検索ワードのボックスにキーワードを入力することで、ボックスの下に共起語が羅列される仕様になっています。
今回は実際に「不動産」と入力してみました。すると「住宅」や「土地」「中古」などのキーワードが表示されました。使用するキーワードに関連して、一般的にどのようなキーワードが想起されやすいのか、参考にするときに活用してみましょう。

■Keyword Tool

こちらはサジェストデータに加えて、検索ボリュームの数値も表示されるツールです。海外のキーワード調査ツールですが、検索のための空欄右にある国を日本、言語を日本語にすることで問題なく利用できます。

画像4

ただし、検索ボリュームや競合性などのより詳細な情報を確認するには、有料版の登録が必要です。Keyword Toolを無料で利用する場合は、別のキーワードツールを併用し検索ボリュームを確認することをオススメします。
また、Keyword ToolではGoogleだけでなくYouTubeやX(Twitter)、Instagramなど幅広い環境でサジェストキーワードも確認することができる点が特長です。

■ラッコキーワード

画像5

ラッコキーワードは、対策したいキーワードを検索すると、サジェストキーワードを表示します。Keyword Toolと同様に、様々な媒体でのサジェストを閲覧することが可能です。 また、表示されたサジェストキーワードの一覧をCSVデータでダウンロードが可能です。他にもGoogleトレンドでの推移やキーワードに関するニュースも確認できます。
ただし、コピー・CSV出力機能の利用にはログインまたは新規登録(無料)作業が必要になります。
他のキーワードツールと比較すると、表示されるキーワードが多く非常に使いやすい印象です。

■Ubersuggest

画像6

キーワードの月間検索ボリュームだけでなく、ドメインを入力することで対象サイトへのアクセス予測値も出してくれる無料SEOツールです。他のツールと同様に、関連キーワード候補も確認できます。ただし、無料アカウント登録をしていない場合は1日に3回までしか使えない点に注意が必要です。また、有料版では検索ボリュームの推移や検索者の年齢分布などが閲覧できるようになります。

まとめ

いかがでしたでしょうか。今回は、キーワード調査に役立つツールをいくつかご紹介しました。それぞれのツールに特徴があるため、ご自分に合ったツールを是非利用してみて下さい。
また、ツールによって月間検索ボリュームや関連キーワードの結果に違いが出ることがあるため、いくつかのツールを併用することをオススメします。
キーワード調査ツールを活用して、キーワード選定やコンテンツの発見など効率よく行いましょう。

参考サイト
キーワードツールおすすめ16選!有料・無料それぞれ使い方を紹介
SEO対策でキーワード選定に使える便利ツールの使い方