ブログ タイトル 背景画像

データ解析

ブログ 画像

データGAを学ぼう2020.05.28

アナリティクスとGoogle広告の連携方法

こんにちは!データ解析チームの豊嶋です。
普段アナリティクスを操作していると、一部使用できない機能があることに気づいた経験はないでしょうか?

実はGoogleアナリティクスでは、Googleが提供している他のツールと組み合わせることで、より効果的にアナリティクスの機能を活用できる場合があります。

例えば、サイトを運営している企業の方であれば、Google広告も併用して活用されているケースが多いのではないでしょうか?
そのGoogle広告とアナリティクスを連携させることで、様々なメリットを享受することができます。

そのため、今回はGoogle広告とアナリティクスの連携方法と、連携させることによるメリットついて解説していきたいと思います。

Google広告と連携するメリット

まず、Google広告をアナリティクスに連携するメリットについて述べていきたいと思います。
連携するメリットとして、大きく分けると下記の2つを挙げることができます。

①アナリティクスとGoogle広告のデータを結びつけて、サイト解析に役立てられる
②アナリティクスで作成したユーザーリストを、Google広告に共有できる

それぞれ詳しく解説していこうと思います。

①アナリティクスとGoogle広告のデータを結びつけて、サイト解析に役立てられる

Google広告では表示回数やクリック数などサイトに訪問するまでの数値を把握することができますが、コンバージョンに至るまでのサイト内でのユーザーの行動は把握することができません。

しかし、アナリティクスと連携を行うことで、直帰率やサイトの滞在時間など、サイト内のユーザーの行動まで、一貫して分析することが可能になります。
またアナリティクスのセカンダリディメンション機能を活用することで、様々な観点からユーザーの行動を分析することも可能になります。

下記の画像が連携を行った際の、アナリティクス上でのデータになります。

キャンペーンや広告グループ、キーワード単位などで、ユーザーがサイトに訪れる前からコンバージョンに至るまでの、一貫の流れを分析できるようになっていることが分かるかと思います。
それにより、直帰率などから、広告の配信先であるランディングページやキーワードの良し悪しを判断できるようになります。

また、仮にコンバージョンに繋がっていなくても、特定のキーワードなどからの平均セッション時間が長ければ、訪問したユーザーのエンゲージメントが高いことが伺えます。

このように、連携する前までは別々で捉えていたデータを一貫して捉えることができ、改善の糸口として活用することができるようになります。

②アナリティクスで作成したユーザーリストを、Google広告に共有できる

アナリティクスのデータをもとに作成したユーザーリストを、Google広告でリマーケティング用のユーザーリストとして活用することができます。

通常、Google広告側でユーザーリストを作成する場合、「どこのページに何日以内に訪れたユーザー」と言うふうに、ページ単位で大まかにしかユーザーリストを作成することができませんでした。

しかし、Googleアナリティクス上ではページ単位だけではなく、性別やデバイス、チャネルごとなど、様々な角度からリストを作成することができます。

それにより、より精度の高いターゲティングが可能になり、広告の費用対効果の改善を図ることができるようになります。

Google広告との連携方法

それでは実際に、アナリティクスとGoogle広告の連携方法を見ていきたいと思います。

まず、連携するにあたって、以下のアカウントの権限が必要となります。

・Google広告のアカウント(管理者権限)
・アナリティクスのアカウント(プロパティレベルの編集権限)

アナリティクスの場合、管理画面の「アカウントユーザーの管理」から、権限付与が可能になります。

該当するアカウントを用意し、権限を付与した上で連携作業に移っていきましょう。

1.アナリティクスの管理画面から、「Google広告とのリンク」をクリックします。

2.その後、連携したいGoogle広告アカウントを選択し、続行をクリックします。

3.最後に、リンクグループのタイトル欄に自分で分かりやすいように名前を記入します。

すべてのウェブサイトのデータをオンにし、「アカウントをリンク」をクリックしたら、連携完了です。

連携が完了したら、アナリティクスの「Google広告」レポートをクリックし、正しく連携されているか確認しましょう。
連携されている場合、下記の画像のようにデータが表示されます。

これにより、アナリティクスやGoogle広告単体では確認することのできなかったデータを、一貫して確認することができます。

まとめ

いかがでしたでしょうか?
設定自体はそれほど複雑ではありませんが、私自身、連携することによるメリットはとても大きいと感じております。
Google広告も併用して活用されている方は、ぜひ設定していただけると嬉しいです。

それでは、本日はこの辺りで。また次回もよろしくお願いいたします。