ブログ タイトル 背景画像

マーケティング

ブログ 画像

マーケトピックス2020.03.19

MCCアカウントとは

こんにちは、マーケティング部の松本です。
WEB広告の媒体として代表的なGoogle広告ですが、広告を配信する為にはアカウントを作成する必要があります。とはいえ、Googleアカウントを所持していればそう時間も手間もかからずに作成出来ます。ただ、複数の広告アカウントを利用する場合は、毎回アカウントの切り替えをしなくてはいけないんです。
一つ二つならともかく、弊社のような広告代理店等では多くのアカウントを運用します。そういった場合、一回一回切り替えるのは中々手間ですよね。
そんな時に便利なのが、「MCCアカウント」です。今回はGoogle広告のMCCアカウントについて、とても簡単にご紹介させて頂ければと思います。

MCCアカウントとは

簡単に言ってしまえば、MCCアカウントとは「複数のGoogle広告アカウントを一元管理出来るアカウント」の事です。「My Client Center」の頭文字を取って「MCC」、分かりやすいですね。
冒頭でも軽くお話しした通り、Google広告のアカウントは基本的に一つのGoogleアカウントに対して紐付くものです。仮にあるGoogleアカウントに複数のGoogle広告アカウントを作成したとしても、それぞれの調整を行う場合は毎回アカウントの切り替えを行わなくてはなりません。アクセス権限が付与された場合も同じです。また、一つのGoogleアカウントに紐付けられるGoogle広告のアカウントの上限は20個と決まっているので、それ以上の数を管理する場合は別のGoogleアカウントを作成しなくてはいけません。
その毎回の手間を省略し、より効率的に管理を行う為にMCCアカウントがとても便利なんです。MCCアカウントで運用を管理するメリットとしては、ざっくりと下記のような内容が挙げられます。

  • 1 回のログインで、他のMCCアカウントを含め、管理しているすべてのGoogle 広告のアカウントにアクセスできる。
  • 単一のダッシュボードから、すべてのアカウントを検索、操作、管理できる。
  • MCC アカウントから、クライアント アカウント(子アカウント)のキャンペーン作成、管理を行える。
  • すべてのアカウントの掲載結果を比較したり、複数のアカウントのレポートをまとめて作成したりできる。
  • 統合請求を利用して、すべてのクライアント アカウント(子アカウント)の月々の請求書を 1 つにまとめることができる。
  • アラートを使用して、リンクされたすべてのアカウントを効率的に管理できる。
  • MCC 経由で Google 広告のアカウントを作成し、MCC アカウントとリンクできる。

文字で並べられるとピンと来ないかもしれませんが、実際に使ってみると本当にMCCアカウントは便利です。複数のアカウントの運用を行っていると、いちいちアカウントの切り替えやログインをするのは些細な手間とはいえ、本当に面倒なんですよね。それに一覧で全てのアカウントの結果を確認出来るので、全てのアカウントの配信ペースをぱっと一画面で確認出来るというのも魅力的です。
また、2019年の12月にはMCCアカウントで作成したリマーケティングリストを全ての子アカウントと共有出来るという機能も追加されました。Googleは今後、子アカウントで作成したリマーケティングリストをMCCアカウントに共有する機能も追加実装の予定と発表しています。

MCCアカウントの作成方法

そんな便利なMCCアカウントですが、作成方法は至って簡単。10分もあれば完成してしまいます。

  1. 1.Google 広告アカウントのホームページにアクセスし、「クライアント センター(MMC)を作成」をクリックします。
  2. 2.MCCアカウントを作成したいGoogleアカウントでログインしているかを確認します。未所持であれば、Googleアカウントを作成する必要があります。
  3. 3.MCC アカウントに名前を付けます。この名前はクライアントの管理画面に表示されます。
  4. 4.MCC アカウントの使用目的を「自分が持つ複数のGoogle広告アカウントの管理用」または「他の人のアカウントの管理用」の二種類から選択します。
  5. 5.国とタイムゾーンを選択します。このタイムゾーンは、レポート作成や請求に使用され、変更することはできません。勤務地のタイムゾーンを選択することをおすすめします。
  6. 6.アカウントで使用する通貨(変更不可)を選択します。この通貨は、MCC アカウントの請求(例: 広告料金管理ツール)で使われます。実際にビジネスで使用している通貨を選択することをおすすめします。子アカウントに対する請求は、個々に選択した通貨で行われます。MCC アカウントのアカウント間で掲載結果や予算情報を確認する場合は、費用に関連する情報をMCC アカウントで使用されている通貨に変換して表示するかどうかを選択できます。
  7. 7.[アカウントを確認] をクリックして開始します。

本当にあっという間に作成出来ますので、複数のGoogle広告アカウントを運用されている方は是非作成し、活用してみて下さい。普段のアカウントとは少し画面が違いますので、最初は戸惑うかもしれませんが、基本的な操作は変わらないのですぐに慣れる事が出来るかと思います。

まとめ

いかがでしたでしょうか。
今回は極々簡単に、Google広告のMCCアカウントについてご紹介させていいただきました。普段の業務でとても便利に活用しているので、この記事を通じて少しでも、複数のアカウントの運用に不便さを感じている方の助力になる事が出来たら幸いです。
それでは、今回はここまで。
今後もMEプロモーションをよろしくお願いいたします。