ブログ タイトル 背景画像

マーケティング

ブログ 画像

マーケ2021.03.25

Google Partners プログラムの刷新

こんにちは、マーケティング部の松本です。
突然ですが、Google Partners プログラムというものをご存知でしょうか?2013年から開始されたこのプログラムが、2022年の2月に新しい仕様に変更されると先日発表されました。今回はその新しい仕様とGoogle Partners プログラムについて、簡単にご紹介出来ればと思います。お付き合い頂けると幸いです。

Google Partners プログラムとは

Google Partners プログラムは、顧客ブランドまたは企業の代理としてGoogle広告アカウントを管理する広告代理店または第三者企業を対象に、クライアントの広告掲載を成功に導くうえで役立つツールやリソース、サポートを提供することを目的として2013年に開始されました。
管理権限を持つGoogle広告のMCCアカウントさえあればウェブサイトから登録が可能で、登録するメリットとしては「教育とインサイト」、「アクセスとサポート」「認識と報酬」という3つの特典があります。「教育とインサイト」では、Google広告のスキルアップトレーニングを受ける事が出来、「アクセスとサポート」では掲載結果レポートやアカウントに対するサポートを受ける事が出来ます。「認識と報酬」では、アカウントに対してプロモーションの特典を得ることや、Google Partner バッジを得る事が出来ます。

Google Partnerバッジ

Google Partnerバッジとは、ウェブサイトや会社の資料に表示する事が出来る、Google広告に関するスキルや知識、経験を証明する特典のひとつです。様々な条件があり、それを満たす場合のみ使用が許可されます。このGoogle Partnerバッジは名刺やウェブサイトに使用するとひと目でその広告代理店のスキルが把握出来るため、欠かさず取得するべき大切なものだと言えるでしょう。

2022年2月に行われる仕様変更において、Google Partnerバッジの取得要件も変更になります。その新しい要件での取得、利用は2021年6月から可能ですが、現在の要件を満たして取得したバッジも2022年2月まで引き続き利用が可能となります。
なお、下記表の認定資格は以前ブログで取り上げたことのあるGoogleスキルショップで取得することが出来ます。

要件 内容
掲載結果 Google 広告のクライアント センター(MCC)アカウントとして Google Partners プログラムに登録されている場合、最適化スコアを最低70% 達成する必要があります。最適化案は、自社の評価およびクライアントの目標に応じて適用することも、非表示にすることもできます。
費用 子アカウント全体における過去 90 日間の広告費用の合計額が 10,000 米ドルという要件が、引き続き適用されます。
認定資格 MCC アカウントとして Google Partners プログラムに登録されている場合、アカウント マネージャーの少なくとも 50%(上限 100 ユーザー)が Google 広告の認定資格を取得しており、そのうち最低 1 人がキャンペーン費用を投資しているサービス分野ごとに認定資格(検索広告、ディスプレイ広告、動画広告、ショッピング広告、アプリ広告など)を取得している必要があります。

まとめ

いかがでしたでしょうか。実のところ、2022年に行われるGoogle Partners プログラムの仕様変更について、現在詳細に発表されているのは主にGoogle Partnersバッジの事のみで、他の特典等については未だ詳細な変更内容は不明な状況です。今後、他の内容について詳細が判明しましたらこの記事上で更新して行きたいと思いますので、その際はまたお付き合い頂けますと幸いです。
それでは、今後もMEプロモーションをよろしくお願いいたします。